車買取査定de裏ワザ 車買取の査定における情報公開
車買取査定の裏ワザ
事故車買取査定の裏ワザ

めちゃめちゃに潰れた事故車、洪水などで水没した車は、通常は、中古車としては買取ってもらえません。しかし、裏ワザとして、事故車や水没車も買取る業者の存在があります。大破した事故車や、動かなくなった水没車は、即、廃車処分とあきらめる前に、そのような車でも引き取ってくれる事故車買取り業者を捜して事故車買取査定をしてもらいましょう。

事故車の程度にもよりますが、ボディーの破損の程度よりも、内部のパーツなどがきちんと使える状態であるのかどうかが査定のポイントになります。ボディーはペチャンコでも、内部パーツの状況で意外な高値が付く場合もあります。もちろん、1円の査定額もつかないこともあります。

その場合は、廃車にすることになります。廃車業者に廃車買取査定を依頼してみましょう。事故車の状態によるので、必ず査定額がつくものではありません。しかし、無料で引き取ってもらえる場合もあります。廃車手続きの手間暇や、処分代を考えれば、0円でも引き取ってもらった方が良いのではないでしょうか。

注意点としては、壊れたままの事故車を長期間、そのまま放置したりしないで、速やかに事故車買取査定してもらいましょう。窓ガラスが割れたまま、風雨に長い間さらされたりすると、内装はもちろんのこと、内部のパーツも再利用できなくなり、査定額がまったく期待できなくなります。水没車でも買取り可能ですが、やはり利用可能な部分の状態によります。内装は、再利用不可能と思われますので、内部パーツの再利用ができるかどうか、鉄くずとして、どのくらいの価値があるかどうかが査定されます。